◆「氷点」(三浦綾子)の中に次のことばが出てきます。

 一生を終えて後、残るのは、
  我々が集めたものではなく、
 我々が与えたものである。
角川文庫・下p367)

◆「氷点」は「続・氷点」も含めて、人間の原罪を問う素晴らしい文学です。

 自分は教師として、子どもたちに何を与えたのだろうか。

 知識とか、道徳とか、そういったことでなく、「人間の根底にある生きることの意味」を

 与えることができただろうか。

よくたとえられるのは「魚を与えるのではなく、その釣り方を教えよ」というものです。

 魚はすぐに食べたらおしまいですが、「釣り方」は一生残ります。

◆「釣り方」を与えているのか。

 常に心にとめておかねばと思います。

無題