自分の人生設計を立てる

1 アメリカの中学校では州によっても違いますが、大学のように

  中学校から「選択制」となります。自分の将来設計を考えて、「教科」を

  自分で考えるのです。

2 日本では、まだまだ「一定の水準」を維持するためでしょうか、小学校の

  内容をより深く、学習します。高校もそうです。

3 自分の「人生設計をいつ立てるのか」ということはもっと早くてもいいと

  思います。それにより「教科」も変われば、時数の問題でなく、「単位制」

  に移行すればいいのです。

4 そういう中で道徳として僕が以前、〇〇教育はやめましょうと言ったこと

  を加味すればいいのです。特に、最近思うのは「貯蓄」です。

5 日本人は「お金は貯金しなさい」と教えられます。
  
  何のために?が抜けているのです。何かあったときのためにの「何か」って

  何?そうではなくて「お金は投資しましょう」と教えるのです。

6 72の法則を教えるとびっくりします。

  金利と元本の関係です。元本が2倍になるのにどのくらいかかるのか。

  72÷年利回り(%)です。0、2%だと360年かかります。笑。

  1%だと72年です。6%だと12年です。今の利率は定期預金が0、1%

  つまり720年かかります。この世にいませんね。

  だから、「運用」を教えるのです。



小学校教育 ブログランキングへ<