僕は教師の経験から思います。

責めるのは監督ではない。

「自己責任」の教育を大いに進めて欲しい。

理不尽な親が多い。

「子どもの教育」はまだしも

「親の教育」から始めねばならない。

つまり、これは「今までの教師の教育」

(学習指導要領)が間違っていたということだ。

学校教育目標に「たくましい子」を入れましょう。

「自己責任で行動する子」を入れましょう。

と、こんなところでほざいてもしょうがないけどね。

アメフトという危険な競技で反則で怪我した

「想定内」でしょ。普通。

アメフトは「格闘技」だそうです。