掃除の時間に来年度の準備をしましょう

1 この時期の掃除の時間には一年の「大掃除」をしますね。

  僕はこの「大掃除」という概念が嫌いで

  「毎日が大掃除」だと思っていました。

  つまり「毎日、大掃除のように手の届かないところまでやる」と

  いうことです。

  机や椅子の足のゴミ、窓のサン、黒板の上、など

  誰もが大掃除でやるべきもの、と思うものを

  普段の掃除でやるのです。

  時間?できますよ、十分に。

2 すると、「大掃除」をやる必要がないのです。

  当たり前ですね。

  毎日、大掃除しているのですから。

  これは家の掃除でも言えます。

  普段から、綺麗にしていれば「大掃除」する必要などないのです。

3 さて、いつも子供達と一緒に掃除をしますが、3月のこの時期は、

  先生だけは、その時間にダンボールに荷物を詰める時間に

  させてもらいます。

  そして1日に1個、ダンボールに自分の私物を机やロッカーから

  出して詰めていきます。

  同時に、子供達には「自分のものを持ち帰るように」言います。

  つまり、これはもう「来年度の準備」なんです。

  こうすることで、春休みに慌てて私物整理なんてしなくていいのです。

  子供がいるうちに終了しています。

  修了式の日に教師机の中は空っぽです。