日本の英語教育の遅れは今に始まったことではないのですが

東南アジアの日本を除くほとんどの国では小学校1年生から英語を学習します。

ここ、ミャンマーではキンダーつまり幼稚園教育にすでに

英語教育が始まります。


現地の人と話すとわかるのですが英会話の力は

「単語力」なんです。


車に乗りたい=I want to ride car

駅はどこですか=Where station

それはいくらですか=How much is it


この程度の「間違い英語」で通じます。

通じればいいのです。

なぜなら英語学ではないのです。

日本は英語学を目指しているのでしょうか。

結局喋ることができないで大学まで行ってしまいます。


言語が「コミュニケーション」の手段だということ。

それが根本にない限り、日本の英語教育は失敗です。


なんとか、「学習指導要領」を変えたいと思っています。

より、グローバルな「役立つ英会話」を学校で

普及させるためには文法なんてやってる場合じゃない。

まずは話すことからです!!!

何百回も言っているのですが、なかなか現場の声を

文科省は聞いてくれません。
IMG_1531