情報教育、ICT教育、著作権教育、ネットリテラシー教育、 ネットモラル教育、

プログラミング教育、 特別支援教育、ユニバーサルデザイン教育、インクルーシブ教育、

人権教育、主権者教育、平和教育、性教育、小中連携教育、 オリンピック・パラリンピック教育、

消費者教育、 LGBT教育、「性の多様性」教育、起業家教育、 環境教育、安全教育、

交通安全教育、自然体験教育、福祉教育、 キャリア教育、規範意識教育、道徳教育、心の教育、

外国語教育、国際理解教育、ボランティア教育、多文化共生教育 食育教育、健康教育、

障害者教育、家庭教育、社会教育 博物館教育、動物愛護教育、図書館活用教育、

NIE教育(新聞を学校教育に取り入れる)・・・・・


学校が教えるべき「教科教育」 いわゆる国語、算数(数学)、理科(生物、物理、化学、地学)

社会(日本歴史、世界歴史、倫理社会、経済学、地理学) 芸術(音楽、図画工作(美術))

実学(家庭、技術、情報、道徳) 運動(体育、保健体育)意外に、

こんなにもたくさんの◯◯教育が 学校に持ち込まれています。

今は「器から完全にはみ出ている状態」なんです。
日本が「過剰の中にいる」もっとも典型的な例です。

こんな事がもう何十年と続いているのですから 教員の悲鳴はとうに文科省には届いています。

が、無視無視無視です。

今度タブレットが一人一人の生徒に渡されるそうですが それを誰が管理するのか。

専任の教諭が配置されないと無理です。

文科省はいつも丸投げ。

「はい、あとは「現場の工夫でやって。人もお金も出さないから」

それで宝の持ち腐れで パソコン教室もアナライザー教室もみんな税金の無駄遣い。

「人」なんですよ。

こんな簡単な事が文科省にわからないはずはない。

みんな頭のいい人たち(のはず)ですからね。

結果、今の「教員志望不足」 自業自得。

結局のところ

「事件は現場で起きているんだ」

書類の上で起きているんじゃない!!!!!! ですね。

「現場教育」が文科省の人間には必要です。😅

スクリーンショット 2020-01-13 14.32.58