柴田克美教育大全集

若手教員のために一大決心をして(笑)今までの教育技術を大公開します。 ぜひ、お役に立てればと思います。 ブログ開設(2014/2/9)から50万アクセスを突破しました! 皆様、ご覧になってくださり、ありがとうございます。 個人名は個人情報保護法に基づき仮名です。ご了承ください。 なお、講演講座執筆の依頼は090-5860-7225(静岡教育サークル・シリウス)へ 

柴田克美教育大全集 イメージ画像
柴田克美(本名)
 静岡県生まれ。詳細はこちらをご覧ください。
 プロフィールはこちら
http://pinokio0723.wixsite.com/mysite/about

幼児教育

脳科学の進歩がカリキュラムを変える1 脳が3歳までにほぼ、出来上がることがわかってきました。  コンピュータでいえば、ここがハードの部分であり、かつ  ソフトの部分でもあるのです。  シナプスが形成され、脳のネットワークができます。  この時期に「インプ

江戸の教育は子ども主体だった1 僕は今まで間違えていました。  江戸時代の「寺子屋」は教師が一方的に教え込むと  思っていました。  そうしたら、10MTVという講義を聞いて、そうではないと  知りました。2 さらに3歳、6歳、10歳、そして15歳の元服。 
『江戸の教育は子ども主体だった』の画像

壮大なる実験  その11 私の子どもは「結果として東京大学に入学」しました。  というと「自慢話」に聞こえる人はあとは読まなくていいです。  私は「幼児教育の重要性」を教師になる前から知っていました。  それは「幼稚園では遅すぎる」(井深大 ソニー元会長

小さい時に「お金をかけること」中学生では遅すぎです。今小さいお子さんがいるなら、ぜひ、読んでみてください。それから「レシチン」(大豆たんぱく質)が脳の活性化には有効です。息子たちで実験済み。5歳までにやっておきたい 本当にかしこい脳の育て方脳の8割が完成"5歳
『小さい時に「お金をかけること」』の画像

東大に合格する秘伝の勉強法を教えます  その3   1「本を読むのが嫌い」という子は残念ながら成績の向上はありません。    本は大昔からの、そして現在進行形の人の「知識、知恵の集大成」です。    本は「死してなお、人に影響を与え、人を変える

東大に合格する秘伝の勉強法を教えます  その2   1「東大」は3000人を募集するマンモス大学です。つまり全国で3000番以内     の成績なら「東大」に入れるわけです。単純計算ですが。   2 小学校入学前に「本好き」にします。     この方法

東大に合格する秘伝の勉強法を教えます  その1   1 「東京大学」この「東大」という響きはステイタスといってもいいです。      「ブランド力」ですね。「頭がいいからって仕事ができるとは限らない」      「単なる記憶力がいいだけじゃねえ

脳科学の進歩における10歳の壁  その4◆10歳までに脳は完成します。 「脳が心を生み出すとき」(スーザン・グリーンフィールド著 草思社)に よるととにかく「脳」をひとかたまりでとらえる時代はおわったということです。 様々な働きを持つ「集合体としての脳」
『脳科学の進歩における10歳の壁  その4』の画像

脳科学の進歩における10歳の壁  その3◆「将来の学力は10歳までの読書量で決まる」(松永暢史著 すばる社)の中に  次のような記述があります。・勉強ができる子だから、本を読むのではなくて本を読んで理解することができるから 勉強ができる◆これは「笑うから
『脳科学の進歩における10歳の壁  その3』の画像

脳科学の進歩における10歳の壁  その2◆10歳までに子どもにしたことで自慢できることが一つだけあります。 それは 2週間に一回、必ず市立図書館に連れて行ったこと です。 0歳から月二回、欠かさずに通いました。◆最初は自分で選べないので、絵本を選びます。
『脳科学の進歩における10歳の壁  その2』の画像

↑このページのトップヘ