柴田克美教育大全集

若手教員のために一大決心をして(笑)今までの教育技術を大公開します。 ぜひ、お役に立てればと思います。 ブログ開設(2014/2/9)から50万アクセスを突破しました! 皆様、ご覧になってくださり、ありがとうございます。 個人名は個人情報保護法に基づき仮名です。ご了承ください。 なお、講演講座執筆の依頼は090-5860-7225(静岡教育サークル・シリウス)へ 

柴田克美教育大全集 イメージ画像
柴田克美(本名)
 静岡県生まれ。詳細はこちらをご覧ください。
 プロフィールはこちら
http://pinokio0723.wixsite.com/mysite/about

効率化

働き方改革できるもの IT編  6〜10今すぐにでもできます。予算もわずかです。6 スマホを持ち込み「可」にしよう  以前からこのことを私は言っています。  「禁止」でなく「利用」の発想を  持ちましょう。  スマホは今や幼稚園の子でも使えます。  スマホ

働き方改革できるもの IT編  1〜5時短だけが働き方改革ではない。働き方改革は人に言われてするものではない。自己意識の改革がまずは必要。1 通学路に登下校用カメラを設置しよう  これは行政がやること。これだけ「管理社会」になり防犯カメラが設置されている。

私学受験の子への指導志望校が決まり、いよいよ、試験日を迎えます。年々、受験が早くなってきています。その理由は一つです。「二次募集でも優秀な人材をとりたい」ということです。それは少子高齢化で、子供の絶対数が少なくなれば「私学経営の根幹」ですから当然、「数を

こちらもどうぞ、ご覧ください。1563件の実践が掲載されています。https://foresta.education/estanet/home無料登録が必要です。 
『フォレスタネット』の画像

成績を30分でつける方法1 成績がなかったら、学校はどんなにか、楽しいところになるでしょう。  だから、「通信表」は法的規制は何も無いのです。  「通信表」を出さなくてもいいのです。  しかし、指導要録を書くので、それに合わせて、ほとんどの学校が  出し

資料の99%は使わないのです1 すぐにファイルして資料を取っておく人がいます。  立派な心がけだと思います。  もし、自分で「あれ、どこ行ったかなあ。〇〇先生、コピーさせて。」  なんてこと、ありませんか。2 しかし、「資料の99%は使わない」のです。 

「一人ひとりを生かす研究」もう、やめようよ1 夏休みなどに「研修」があると必ず「理論的な」「答えの出ない」  話し合いがあります。  「一人ひとりを生かすにはどうしたらいいか」  答えはすぐに出ません。  カルテを取る。意図的指名をする、友達と友達の意見

「もう」ではなく「まだ」という発想をする1 もう5月。教科書も「1年生を迎える会」や「手つなぎ遠足」や  「家庭訪問」でなかなか進まない。  仕事も座席表くらいは作って、名前と顔がようやく一致してきた。  などと、嘆いている、君。  「まだあと11ヶ月」

学校でUSBは使わない1 一時期、USBの流出が相次ぎ、「成績」などの「個人情報」が  紛失したことがよくニュースになりました。  最近は、きかなくなりました。  それは「クラウドサービス」を使うようになったからです。  え?まだUSBを使っているって?  そう言

日記や本読みカード、自学プリントのたった一つの基本1 日記に「親に一言書いてもらうこと」  本読みカードに「親に一言書いてもらうこと」  自学プリントに「親に一言書いてもらうこと」  あなたは「良かれ」と思って、やっていますよね。  親とのコミュニケーシ

↑このページのトップヘ