柴田克美教育大全集

若手教員のために一大決心をして(笑)今までの教育技術を大公開します。 ぜひ、お役に立てればと思います。 ブログ開設(2014/2/9)から70万アクセスを突破しました! 皆様、ご覧になってくださり、ありがとうございます。 個人名は個人情報保護法に基づき仮名です。ご了承ください。 なお、講演講座執筆の依頼はakusyu2006-aitai&yahoo.co.jp(&を@に変えて静岡教育サークル・シリウス)へ 

柴田克美教育大全集 イメージ画像
柴田克美(本名)
 静岡県生まれ。詳細はこちらをご覧ください。
 プロフィールはこちら
http://pinokio0723.wixsite.com/mysite/about

小学校1年生

実物資料集 101 天から落ちた雷様 台本剣崎克彦 作(柴田克美ペンネーム)詩集「雨に負け」(Amazonで好評発売中)実物資料集 101 天から落ちた雷様 台本剣崎克彦(柴田克美ペンネーム)作(有名な詩集「雨に負け」はAmazonで発売中) 
『実物資料集 101 天から落ちた雷様 台本』の画像

実物資料集 86 カタツムリの走行性僕が1年生を受け持っているときに「カタツムリの走行性」を子どもたちが発見して驚きました。黒板に這わせて向きを変えると「上に」登っていくのです。ゆっくりでも必ず上へ。見習いたい。それを生活面にも取り入れた実践です。時期が
『実物資料集 86 カタツムリの走行性』の画像

実物資料集 84 いざ、出陣。戦いの用意!新聞紙のみ。折って、丸めて、切ってる、作って、手の巧緻性を高めます。そして、攻撃。これがまた、ワイワイ言いながら、やります。 
『実物資料集 84 いざ、出陣。戦いの用意!』の画像

実物資料集56 ひゃーシャワー冷たい 1年生1 指示は書く順番の指示だけです。  ・自分の顔を書きなさい。喜んでいる顔です。  ・体を画面いっぱいに描きなさい。  ・足と、手を曲げて描きなさい。   ・シャワーを上に3つ描きなさい。  ・3つのシャーから水
『実物資料集56 ひゃーシャワー冷たい 1年生』の画像

あの「学力の経済学」の慶應の中室先生が3〜4歳の幼児教育が「21世紀型教育」「生きる力」になると言っています。幼児教育こそ、大事なのに幼児は「自然がいい」と言っている人たち。根拠を示しなさい。だから低学年には「ベテランを」と僕は言っているのです。二年生に
『幼児教育の重要性を科学的に証明する』の画像

授業の基本 生活科編1 生活科という教科はなくてもいいです。  「導入」は失敗でした。  とは絶対に文科省は言いませんが、内容は  「家でやること」です。  「理科」「社会」の合科でもありません。  私は「隠れ家作り」の研究授業をやったことがあります。 

◆ぱっとできないといけないものがいくつかあります。 そのうちの一つに「数の分解、合成」があります。 次のような表を示して、かなり時間のかかる子は、やはり、読解力、計算力、全ての面において 鍛えていかねばなりません。◆できれば、小学1年生のうちに、徹底してや
『いくつといくつができるようにしよう』の画像

◆「今から100題の計算をします」というと子どもたちは「え~!」「やだ~」と いいます。 いろんな言葉をそれは無視して(笑)プリントをわけます。◆見ると、右側に絵が書いてあります。 くまさんとピエロの絵です。 もう、これだけで、子どもたちはさっきの「やだ
『計算100題+お楽しみ=やる気』の画像

◆途中、学年の先生方の「かたもみ」や「握手」が入っていて スキンシップ(これもできないような難しい時代になりましたが)が できるようになっています。 小学校教育 ブログランキングへ
『低学年用・持久走カード・動物ランドをまわろう』の画像

◆1年生の新出漢字、80字の練習用プリントです。  5回書けるようになっています。  あまりたくさん同じ字ばかり書いているといやになってしまいますから、少ないです。  それよりも、2枚、3枚とやった方が効果が高いです。◆全部書いた後に、適当な字を席順に言わせ、
『1年生国語・漢字80字を書けるようにしよう!漢字プリント』の画像

支援員さんありがとうの会1 はじめのことば 「いまから、◯◯せんせい、◯◯せんせい、ありがとうのかいを        はじめます。はじめましょう。」               「すわってください」2 代表のことば 「各クラスの代表の人は前に出てください。

夏休みこれだけは気をつけて!1 いのちをたいせつに!①交通(こうつう)事故(じこ)に気(き)をつける。(飛び出(とびだ)しはしない)②自転車(じてんしゃ)の乗り方(のりかた)に気(き)をつける。    (平行(へいこう)乗(の)り、二人(ふたり)乗(の)りはしない)③水(みず)

↑このページのトップヘ