柴田克美教育大全集

若手教員のために一大決心をして(笑)今までの教育技術を大公開します。 ぜひ、お役に立てればと思います。 ブログ開設(2014/2/9)から63万アクセスを突破しました! 皆様、ご覧になってくださり、ありがとうございます。 個人名は個人情報保護法に基づき仮名です。ご了承ください。 なお、講演講座執筆の依頼は090-5860-7225(静岡教育サークル・シリウス)へ 

柴田克美教育大全集 イメージ画像
柴田克美(本名)
 静岡県生まれ。詳細はこちらをご覧ください。
 プロフィールはこちら
http://pinokio0723.wixsite.com/mysite/about

学級経営

2月のこの時期は・・・1 もう少しでこのクラスが解散になる、悲しい。  もう少しでこのクラスが解散になる、嬉しい。  あなたはどちらですか。  全く正反対の感情はまさにこの1年間の「学級経営」を表しています。  人間には「最終効果」というのがあります。  

振り返らない みとらない1 「振り返り」という言葉が大嫌いです。  「振り返りが大事」と教育ではよく言いますが、   本当に大事でしょうか。   私は「その場その場の一瞬一瞬が大事」だと思っています。   その時間の授業はその時間のうちに。   振り返る

インフルエンザ対策ランキング1010位 予防接種を勧める    効くとか効かないとか様々な意見があります。    私は効くと思っています。    なぜなら予防接種をするようになって一度もかかっていないからです。9位 学校行事で全校が集まる機会を無くす 朝

もっとも効率的な成績付けは「カンピュータ」1 コンピュータにテストの点数を入力して、発表や態度も  点数化して入力して、ノートも点数化して入力して、そうして  およその人数で(絶対評価はあり得ないので相対評価です)  ABCを評価します。2 上司に文句を言わ

最後の参観会は「通常授業で」は、間違い間違い、いけないシリーズを書いています。1 校長でこういう人がいます。  「参観会は通常の授業を保護者に見せなさい。   それが、保護者の信頼に繋がる。」  とんでもないです。  通常の授業でなく「特別な授業」をやら

やってはいけない〇〇パーティ1 宗教に関することは公教育の学校現場では  やってはいけないことです。  特に、その地区が様々な宗教のうち、限定された宗教の多い地区というのが  あります。  そんな時は注意が必要です。2 クリスマス会、七夕会、バレンタイン

「ドラゴン桜」より学んだこと 1歯を磨くように勉強しろ 2詰め込みこそ真の教育である 3習うより慣れろは昔から変わらない 4感情に流されるな 5書いて書いて書きまくれ 6人間の脳には穴が空いている 7人間は悩む存在  全てを手に入れても悩む 8物事は全て「なぜ」

2018年物故、有名人。平均年齢70歳。この中で100歳まで生きた人はいません。自殺者、外国人は抜かしてあります。「人生100年時代」というのが、いかに政府の「刷り込み」(インプリンティング)によるマインドコントロールかがわかります。CM、新聞、雑誌などに蔓延
『「人生100年時代」というマインドコントロール』の画像

私学受験の子への指導志望校が決まり、いよいよ、試験日を迎えます。年々、受験が早くなってきています。その理由は一つです。「二次募集でも優秀な人材をとりたい」ということです。それは少子高齢化で、子供の絶対数が少なくなれば「私学経営の根幹」ですから当然、「数を

このサイトをまとめたものがAmazonからキンドル版として出ています。 スマホでも読めますので是非、スマホに入れて教育辞典のように、ご活用ください。 0円から551円です。

実物資料集 101 天から落ちた雷様 台本剣崎克彦 作(柴田克美ペンネーム)詩集「雨に負け」(Amazonで好評発売中)実物資料集 101 天から落ちた雷様 台本剣崎克彦(柴田克美ペンネーム)作(有名な詩集「雨に負け」はAmazonで発売中) 
『実物資料集 101 天から落ちた雷様 台本』の画像

実物資料集99 上田薫氏 ズレによる創造から僕の最大の師である上田薫氏の「ズレによる創造」これは教師なら読むべき本です。授業を子どもサイドに変革したいなら、必読の書と言えます。 
『実物資料集99 上田薫氏 ズレによる創造から』の画像

実物資料集98 予定黒板は学習問題を書くおそらく「単元名を書いている」学級が大半だと思います。それを「学習問題に変える」だけで予習になります。やることがはっきりします。たかが予定黒板、されど授業が変わります。  
『実物資料集98 予定黒板は学習問題を書く』の画像

Yahoo映画の「評」というのを見たことがあります。どの映画も辛辣な意見が書いてあり、「評論家」の多いこと。僕は淀川長治さん(故・映画評論家)の評が好きでした。あの人は「どんな映画にも一つはいいところがある。それをほめるのです。」と言っていました。僕もそう思い
『その子の「良さ」を伸ばす』の画像

実物資料集 93 再び本読みカード1 これまで、幾度となく「自分で自分の首を絞めていませんか」と  私は、投げかけてきました。  特に、毎日「日記を書かせる」「本読みカードをみる」などの  「毎日」を改善しない限り、「多忙」を自ら作り出しているのです。2
『実物資料集 93 再び本読みカードと日記』の画像

ノート指導 10の鉄則1 「先生と同じ速さで書きなさい」「追いつくように書きなさい」2 「黒板を写しなさい」「全部、写しなさい」3 「自分の考えを①②③と番号を振り、箇条書きにしなさい」4 「矢印を使いなさい」「友達の考えと似ていたら=で繋いでおきなさい

実物資料集92 どの子も発表 アンサーチェッカー1 「手をあげる」行為そのものを恥ずかしい子っていますよね。   その子もこれを使えば、自分を表現できます。   横の子を見ちゃダメよ。2  数字は何かを選ばせるときに番号をつけて示します。   ◯とXは二択
『実物資料集92 どの子も発表 アンサーチェッカー』の画像

実物資料集 87 演劇「アイウエオリババ」3、4年生にはちょうど良い、シナリオです。五人が「アリババ、イリババ、ウリババ、エリババ、オリババ」主人公です。演劇は「総合芸術」と言われるほど表現、感情、仲間、などなど本当に、いいです。もちろん、参観会で見ても
『実物資料集 87 演劇「アイウエオリババ」』の画像

「自ら進んでやる子」なんているの?1 学校の教育目標は実に聞こえはいいです。  「自ら進んでやりぬく子」  そんな子、いるの?  人に言われて、人は動くのです。  本を読んで、刺激を受けて、人は動くのです。  話を聞いて、人に影響されて、人は動くのです。

夏休み後の授業はクイズ的に助走をつけましょう夏休み後の授業はやりたくないですよね。子供の気持ちはどうでしょうか。そんな時、クイズ的な授業をしましょう。黒板に穴あき漢字を出して、班で考えさせたり、まず個人で、次に班でなど方法を変えて、問題を出していきます。
『夏休み後の授業はクイズ的に助走をつけましょう』の画像

↑このページのトップヘ