柴田克美教育大全集

若手教員のために一大決心をして(笑)今までの教育技術を大公開します。 ぜひ、お役に立てればと思います。 ブログ開設(2014/2/9)から50万アクセスを突破しました! 皆様、ご覧になってくださり、ありがとうございます。 個人名は個人情報保護法に基づき仮名です。ご了承ください。 なお、講演講座執筆の依頼は090-5860-7225(静岡教育サークル・シリウス)へ 

柴田克美教育大全集 イメージ画像
柴田克美(本名)
 静岡県生まれ。詳細はこちらをご覧ください。
 プロフィールはこちら
http://pinokio0723.wixsite.com/mysite/about

学級経営

実物資料集 101 天から落ちた雷様 台本剣崎克彦 作(柴田克美ペンネーム)詩集「雨に負け」(Amazonで好評発売中)実物資料集 101 天から落ちた雷様 台本剣崎克彦(柴田克美ペンネーム)作(有名な詩集「雨に負け」はAmazonで発売中) 
『実物資料集 101 天から落ちた雷様 台本』の画像

実物資料集99 上田薫氏 ズレによる創造から僕の最大の師である上田薫氏の「ズレによる創造」これは教師なら読むべき本です。授業を子どもサイドに変革したいなら、必読の書と言えます。 
『実物資料集99 上田薫氏 ズレによる創造から』の画像

実物資料集98 予定黒板は学習問題を書くおそらく「単元名を書いている」学級が大半だと思います。それを「学習問題に変える」だけで予習になります。やることがはっきりします。たかが予定黒板、されど授業が変わります。  
『実物資料集98 予定黒板は学習問題を書く』の画像

Yahoo映画の「評」というのを見たことがあります。どの映画も辛辣な意見が書いてあり、「評論家」の多いこと。僕は淀川長治さん(故・映画評論家)の評が好きでした。あの人は「どんな映画にも一つはいいところがある。それをほめるのです。」と言っていました。僕もそう思い
『その子の「良さ」を伸ばす』の画像

実物資料集 93 再び本読みカード1 これまで、幾度となく「自分で自分の首を絞めていませんか」と  私は、投げかけてきました。  特に、毎日「日記を書かせる」「本読みカードをみる」などの  「毎日」を改善しない限り、「多忙」を自ら作り出しているのです。2
『実物資料集 93 再び本読みカードと日記』の画像

ノート指導 10の鉄則1 「先生と同じ速さで書きなさい」「追いつくように書きなさい」2 「黒板を写しなさい」「全部、写しなさい」3 「自分の考えを①②③と番号を振り、箇条書きにしなさい」4 「矢印を使いなさい」「友達の考えと似ていたら=で繋いでおきなさい

実物資料集92 どの子も発表 アンサーチェッカー1 「手をあげる」行為そのものを恥ずかしい子っていますよね。   その子もこれを使えば、自分を表現できます。   横の子を見ちゃダメよ。2  数字は何かを選ばせるときに番号をつけて示します。   ◯とXは二択
『実物資料集92 どの子も発表 アンサーチェッカー』の画像

実物資料集 87 演劇「アイウエオリババ」3、4年生にはちょうど良い、シナリオです。五人が「アリババ、イリババ、ウリババ、エリババ、オリババ」主人公です。演劇は「総合芸術」と言われるほど表現、感情、仲間、などなど本当に、いいです。もちろん、参観会で見ても
『実物資料集 87 演劇「アイウエオリババ」』の画像

「自ら進んでやる子」なんているの?1 学校の教育目標は実に聞こえはいいです。  「自ら進んでやりぬく子」  そんな子、いるの?  人に言われて、人は動くのです。  本を読んで、刺激を受けて、人は動くのです。  話を聞いて、人に影響されて、人は動くのです。

夏休み後の授業はクイズ的に助走をつけましょう夏休み後の授業はやりたくないですよね。子供の気持ちはどうでしょうか。そんな時、クイズ的な授業をしましょう。黒板に穴あき漢字を出して、班で考えさせたり、まず個人で、次に班でなど方法を変えて、問題を出していきます。
『夏休み後の授業はクイズ的に助走をつけましょう』の画像

思考しても現実化しない 書き出しても実現しない1 「思考は現実化する」(ナポレオン・ヒル)という超有名な本があります。   私の座右の書となっています。   人間が考えたものは「全て現実になる」ということです。   実際、SFだった空飛ぶ自動車は現実のもの

自由には自己責任がある1 なんでも学校の責任になってしまったのは  いつ頃からだろうか。  教員が「訴訟保険」に入らなければならないほど  「自己責任」教育がなくなっています。  学校であろうと、木に登って、落ちたら、  自分の責任でしょう。  「学校の

実物資料集75 言葉の花束 詩華集から1 私は「詩集」「名言」が好きなので、今まで数百冊の本の  中から、自分にあった詩や名言を集めて、自分で視写してきました。  コピーしないのは、書くことによって、自分のものになるからです。 2 そして、その中から、「
『実物資料集75 言葉の花束 詩華集から』の画像

実物資料集67 パラシュートを飛ばそう夏休みに小学生、小さいお子さんがいる家庭の方はぜひ、作ってみてください。カラービニール袋で作ると綺麗です。 
『実物資料集67 パラシュートを飛ばそう』の画像

やらないことを決めることが戦略の重要なこと1 時間は有限です。  やることはたくさんあります。  付箋紙が机の上にいっぱい貼ってある人、いませんか。  付箋紙が、一つずつ、剥がれていくのが楽しみなのでしょうか。  そんなことはないはずです。  優先順位を

読み聞かせのやり方 1最初から最後まで読む。 2交互よみに段階をアップしていく。 3楽しく、コミュニケーションが目的。
『読み聞かせのやり方』の画像

↑このページのトップヘ