柴田克美教育大全集

若手教員のために一大決心をして(笑)今までの教育技術を大公開します。 ぜひ、お役に立てればと思います。 ブログ開設(2014/2/9)から50万アクセスを突破しました! 皆様、ご覧になってくださり、ありがとうございます。 個人名は個人情報保護法に基づき仮名です。ご了承ください。 なお、講演講座執筆の依頼は090-5860-7225(静岡教育サークル・シリウス)へ 

柴田克美教育大全集 イメージ画像
柴田克美(本名)
 静岡県生まれ。詳細はこちらをご覧ください。
 プロフィールはこちら
http://pinokio0723.wixsite.com/mysite/about

小学校4年生

実物資料集78 海洋教室の絵カヌー体験や、心に残ったことを絵にしました。構図。基本に忠実に。近くのものは大きく。遠くのものは小さく。まあ、遠近法ですね。クラス全員の絵です。  Amazonクエスト(Bronze)
『実物資料集78 海洋教室の絵』の画像

実物資料集77 キミ子方式 ヒメジョオンキミ子方式はご存知だと思います。絵の描き方を教えるという意味では勉強になるし、何より、「子ども自身が満足する」ことのできる方法です。酒井式は「大人が満足する絵」ですが、キミ子方式は逆です。1 成長の順に描く。2 植
『実物資料集77 キミ子方式 ヒメジョオン』の画像

あなたは「ごんぎつねの主題」を知っていますか1 知多半島にある「新見南吉記念館」に行くと、新見南吉が  何を主題に物語を書いたのかがわかります。  「物語には「悲哀」がなければならぬ」  これが、一貫した、新見南吉の作品全体に流れています。  つまりゴン
『あなたは「ごんぎつねの主題」を知っていますか』の画像

二分の一成人式について   1 先日(20170626)の朝日新聞で大きく取り上げられていました。     以前にも一度特集がありました。        2 私は二分の一成人式は4年生を何回か受け持ちましたが、やったことは     ありません。それなり
『二分の一成人式について』の画像

子どもたちが戸惑う「概数」のポイント   1 「四捨五入」は子どもたちの理解は容易です。     ところが、「○の位までの概数にしなさい」という問題に引っかかります。     「○を」ならわかるのです。例えば、     「39.4の小数第1位を四捨

◆新美南吉記念館にボクは3回足を運びました。 新美南吉自身が言っています。 「ストーリーには「悲哀」がなくてはならない。「悲哀は愛に変わる。」」◆新美南吉が伝えたかったのは「悲哀」なのです。(新美南吉記念館の展示)◆ごんが、青いけむりとともに昇華し、やがて
『ごんぎつねで新美南吉が伝えたかったことは何か』の画像

◆ボクは毎日の日記指導を「今日の学び」と題して、何を学んだのか、 つまり、「授業の振り返り」を書かせてきました。 「生活日記」を書かせたのは低学年だけでした。自分の息子がどれだけこの「日記指導」で苦労したか 身にしみたからです。 「書くことがない」 これ
『日記指導しなくても作文指導をすればきちんとした文が書けます』の画像

◆夏休みの自由研究の一例です。(特にすぐれているというわけでなく、書き方の一例と思ってください) これに表紙(題、学年組、名前)を書きます。 <iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&
『夏休み自由研究の一例』の画像

◆真ん中は共通の漢字が入ります。 さて、「考えないとなりません」 この「脳を使う」という「感覚」これこそが、「学び」の「面白さ」なのです。◆そこに「喜び」を感じるようにならなければなりませんね。 小学校教育 ブログランキングへ
『漢字の復習・熟語を考えよう』の画像

◆4年生で学習する故事成語はことわざとの区別がつきにくく、 辞書に「故事成語」とかいてあるわけではないので かなり、自分で調べるのは難しい単元です。◆そこで、ある程度、こちらで示してあげて、その意味を調べるというのを やりました。 例文もあげるのですが、こ
『4年国語「故事成語」はかなり難しい』の画像

◆学年だよりの春休み号です。 静岡市は3月の終わりに「離任式」とういうのがあり全児童が登校します。  春休みは3月21日から4月6日まで。全国的に見ると結構長いと思います。 小学校教育 ブログランキングへ
『4年生学年だより「春休み号」』の画像

◆静岡県のテストを作りました。 三択で、一問5点。合計100点満点です。 「静岡県のビデオ」も4巻見せ、いろいろと学習しました。 とても簡単と教師は思うのですが、そう思うようには点は とれません。◆以下、テストの部分です。(静岡県の方、以外はごめんなさい。ご自

◆前に作った(既報)ことわざすごろくを今度は「読み札」にして 「ことわざカルタ」を作りました。 読み札はできていて、写すだけなので、1時間で作って、ゲームするところまで できました。◆ことわざカルタを作っているところ。◆5人組にして、一人が親で、ことわざを
『4年国語「ことわざすごろく」から「ことわざカルタ」へ』の画像

◆算数の立方体は厚紙に「展開図」を書きました。 それを「さいころ」に組み立てました。(黄色のものがそうです)◆国語の「ことわざ」は辞書やことわざの本を自分で調べながら それをすごろくにしました。(ことわざを調べ、書いているところ)◆二つの教科をくっつけて
『4年算数「立方体」と国語「ことわざ」の合科的学習「ことわざすごろく!」』の画像

◆「作文が嫌い」というのはたくさん書かせようとするからです。 2枚も3枚も4枚も・・・1枚で簡潔にまとめる力をつける方が今の時代には 合っています。むしろ、だらだらと「あらすじ」を書くような感想文では意味をなさないのです。◆原稿用紙1枚で書かせます。 出だしは
『4年「三つのお願い感想文」を書かせるには原稿用紙1枚!』の画像

◆理科で氷に塩をふりかけて、マイナス温度にして 水を凍らせる実験が教科書に載っています。 つまり、「水の三態変化」を勉強させるのですが、 「なぜ、塩をかけると、マイナスになるのか」 (溶解温度、イオンの学習につながりますが) こどもたちは、疑問を持ちます
『何のために授業をするのか・「楽しい授業」のため!』の画像

◆4年生は「福祉」を取り上げることが多く、近くの老人福祉施設にインタビューに行ったり、 車いすを借りてきたり、老人体験をしたりと、様々な調べ学習ができます。◆画用紙を4等分し、   ①右側半分には調べたことや、インタビューしたことなどを書きます。   ②左
『福祉の授業・発表資料の作り方・総合的な学習の時間』の画像

◆静岡県のクイズを作りました。  作るので1時間。  発表で1時間です。 ①画用紙の端切れの(印刷室にある)紙を一人3枚分けました。 ②例「静岡の特産物で有名なもので丸い物は?」「答えはみかん」  を示します。 ③このようにして一人三問以上作りましょう。短冊
『静岡県クイズを作ろう!』の画像

◆国語の「新美南吉ワールド」をささえるものとして 図工の版画は自分が読んだ本を作品にしました。①新美南吉の本から気に入った場面を選ぶ。②自分なりに加工して彫刻刀でほりすすむ。③水性インクでとりのこ紙で自分で印刷する。④色画用紙に裏面にのりをつけて貼る。⑤
『新美南吉ワールド(国語)を支える図工作品群』の画像

◆研究授業をやりました。 授業案については別掲載しました。◆それぞれの新美南吉の本の中からある適度教師が提示した中から選んで そのあらすじ、主題、感想、気に入った絵をプレゼンテーションしました。◆その後、普通の教室隊形にもどり、話し合いをしました。 「主
『新美南吉ワールド・世界に浸らせる・主題に迫る!』の画像

◆この反省を書くことで、後期の自分を振り返り、反省材料とします。 教師にとっては、これをそのまま、(文体は少し変えますが)成績の所見欄、指導要録の所見欄に 応用できます。◆何しろ、自分なりの評価ですから、事実です。◆所見、指導要録に写すときは「良い面」を
『成績所見と指導要録の準備のための自己評価アンケート!』の画像

↑このページのトップヘ