柴田克美教育大全集

若手教員のために一大決心をして(笑)今までの教育技術を大公開します。 ぜひ、お役に立てればと思います。 ブログ開設(2014/2/9)から70万アクセスを突破しました! 皆様、ご覧になってくださり、ありがとうございます。 個人名は個人情報保護法に基づき仮名です。ご了承ください。 なお、講演講座執筆の依頼はakusyu2006-aitai&yahoo.co.jp(&を@に変えて静岡教育サークル・シリウス)へ 

柴田克美教育大全集 イメージ画像
柴田克美(本名)
 静岡県生まれ。詳細はこちらをご覧ください。
 プロフィールはこちら
http://pinokio0723.wixsite.com/mysite/about

全学年

6月後半・今月中に夏休み前までの単元を終わらせる1 梅雨時、低気圧で子供たちの脳に変化が起こります。  科学的に証明されていることで、子供たちは落ち着かなくなります。  ですから、教師が怒ったり、自分がイライラしたりするのは   やめましょう。そういうもん

「やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」は山本五十六の言葉として有名。しかしこれはオリジナルではなく、上杉鷹山の「してみせて 言って聞かせて させてみる」から影響を受けているとされます。山本五十六は軍人ですが最後まで戦争に反
『指導する・支援する・委任する』の画像

料理を新採に教えてみてつくづく思うのは 英会話や習字や習い事も仕事もAIも脳も物事すべて 1 やってみせ 2 やらせてみて 3 褒めてやらねば 人は動かじ だということ。 褒めるのはいいところだけを見る。 欠点は教えなかった「先生の責任」なんです。 1 インプッ
『自主性の育て方は万物に共通だった』の画像

すでに4月教材が終わらない人へ1 授業が本格的に「時間割が決定して」始まったのが  4月の中頃だったのではないでしょうか。  私学は教員の移動が少ないので、4月の新学期から  「時間割通り」の授業をスタートさせます。  公立はそういうわけにはならなくて、毎年

10連休後の生活リズムを取り戻すための生活表1 連休後の体調を整えるのは何と言っても「生活リズム」  朝の光を足のふくらはぎの部分に当てると、目覚めることが  科学的にわかっています。2 次の表は朝の6時過ぎに起床し、夜の10時台に寝るようになっています
『10連休後の生活リズムを取り戻すための生活表』の画像

学級委員の決め方は選挙、投票で行う1 日本の若者が選挙に行かないのは  その大切さがわかっていないからです。  それは学校が、正しい「公職選挙法」を教えないからです。  学級委員を決めるのに、なぜ「選挙」をしないのでしょうか。2 選挙は簡単です。  立候

黄金の三日間でこの一年が決まる!の嘘1 三日間で「学級のシステムを作る」のが黄金の三日間。  でもね。慌てなくていいのです。  子供も教師も「急いては事を仕損ずる」のです。  子供と教師とががっぷりとヨツになって決まりを作っていくのに  三日間では足りな

さあ、来週からの授業。すぐに学習を開始!1 一番悪いパターン。   月曜日の一時間目から「学級活動」。  学級委員を決めたり、係を決めたり、席替えをしたり・・・  そんなのは3日目でOK.  1日目から「授業」をするのです。  何の授業って、教科書です。  

宿題の出し方 3月のゴールを見据えて4月から宿題は自学と本読みを毎日。土日は休み。出さない。なぜか。1 継続が大事。だから毎日「自分で考えること」を大切にする。  これからの時代は知識はネットで良い。  知識から自分で考えることが大事。これを「知恵」という

廊下を走ろう そして危険を学習しよう スマホのLINEをしてみよう イジメを体験してみようスマホの検索を使ってテストの問題を解いてみよう自分で考えた方が効率的だと感じてほしい モノポリゲームをして貧乏になろうゲームで銀行や会社の仕組みを理解しよう 「禁止」で

文科省の対応はまるで追いついていません。時代に取り残されています。やっと本日の新聞の通り。やっとやっと。新風でなく旧風ですよ。 僕が考えるICTは以下の通り。教科書の厚さが関係ない時代に早くなってほしい。「禁止」でなく「活用」これは僕の教育方針でもあった。禁
『今求めるメディアリテラシー学年別目標はこれだ!』の画像

新学期学年主任が真っ先にやる10のこと1 学年の問題児・問題保護者(あえて言わせていただく・保護者も含む)を把握する。  これは学年主任として押さえておくべき各クラスのポイントである。  彼ら、彼女らを常に把握することで学年が安定するかしないかが決まるか

新学期に揃えるノートはどの学年も同じで良い1 1年生は大きな字のマスのノート。6年生は小さなマスのノート。  これって誰が決めたのですか。  なんとなく慣習で決めていませんか。  実は1年生も小さなマスに書けるんです。  そして1年生から6年生まで、同じノート

現場は甘くないんです!1 教育課程審議会や有識者会議というのは  本当に「現場」を知りません。  机上の空論。  学者の空言。  現場はそんなに甘くないです。  一度でいいから政治家、学者は小学校1年生の担任に寄り添って  少なくとも3日間、行動を共にしな
『現場は甘くないんです!』の画像

秋の研究授業は新年度すぐから準備・そのポイント41 「差」がみつかったら、必然的に「なぜ差があるのか」を  追求します。  そう「必然的に」です。  追求せざるを得ない。これが人間の行動、つまり行動心理学。  そこで「追求の方法」=スキルを教えます。  

秋の研究授業は新年度すぐから準備・そのポイント31 まずは「頷くこと」です。  「〜〜だよね」「うん」(声を出しても出さなくてもいいが、頷く)  人間のコミュニケーションは「肯定」「頷き」から入るのです。  相手のことを理解する、よく聞く、それが「頷き」

秋の研究授業は新年度すぐから準備・そのポイント11 「練習」なくして「本番」はありません。  授業も同じです。  いきなり素晴らしい授業はできません。  まして新年度は学級のスタート。  クラス替えがあれば、また1からのスタートです。  0からのスタート

新年度すぐから使える陸上練習カード何事も「いきなり本番」はダメです。練習があり、ステップを踏んで「本番」があります。スポーツも図工の絵も、算数の四則演算も全てにおいてそうです。しかし、案外、教師というのはあわてものが多いようです。例えば秋に「全校絵画展」
『新年度すぐから使える陸上練習カード 』の画像

一斉授業か問題解決型かグループ学習(協同学習)か1 答えは簡単である。  どれもいい。  注入であっても「子供に力がつけばどんな教育法でもいい」ので  あって、「一斉学習がいいかグループ学習がいいか、はたまた個別学習か」  という問い自身が間違っている。

連ドラ小説「まんぷく」に学ぼう!1 NHKの朝ドラ「まんぷく」の演出は素晴らしい。  現役の時は見ることができなかったが、  今は時々だが、見ることができる。  話は「即席ラーメン誕生秘話」だ。  この演出がうまい。2 話が盛り上がり、いいところで「つづく」
『連ドラ小説「まんぷく」に学ぼう!』の画像

2月のこの時期は・・・1 もう少しでこのクラスが解散になる、悲しい。  もう少しでこのクラスが解散になる、嬉しい。  あなたはどちらですか。  全く正反対の感情はまさにこの1年間の「学級経営」を表しています。  人間には「最終効果」というのがあります。  

クラス替えの発表は4月6日に行う1 クラス替えの発表はいつ行っていますか。  おそらく3月中に行なっているところが多いのではないでしょうか。  これは「次学年への準備」のために  クラス名(◯年◯組)を早く発表し、持ち物に  書いておくと同時に、誰が同じ

持久力は「ある程度」決まっている1 持久走大会で勝つ子は大抵決まっていますね。  ビリの子も大抵、決まっています。  もちろん「練習の成果」で持久力は伸びるし、タイムも短くなります。  しかし上位や下位が決まっているのはどうしてなのか  疑問を持ったこと

インフルエンザ対策ランキング1010位 予防接種を勧める    効くとか効かないとか様々な意見があります。    私は効くと思っています。    なぜなら予防接種をするようになって一度もかかっていないからです。9位 学校行事で全校が集まる機会を無くす 朝

一日1時間の空き時間が欲しいけれど1 1時間あれば、日記も見れるし、テストの採点もできるだろうし、  気持ち的に少し違う。  だから、「一日1時間でいい」空き時間が欲しい。  「空き時間」と言う言い方もおかしい。  本当は空いてなんかいない。  「学級事務」

↑このページのトップヘ