柴田克美教育大全集

若手教員のために一大決心をして(笑)今までの教育技術を大公開します。 ぜひ、お役に立てればと思います。 ブログ開設(2014/2/9)から70万アクセスを突破しました! 皆様、ご覧になってくださり、ありがとうございます。 個人名は個人情報保護法に基づき仮名です。ご了承ください。 なお、講演講座執筆の依頼はakusyu2006-aitai&yahoo.co.jp(&を@に変えて静岡教育サークル・シリウス)へ 

柴田克美教育大全集 イメージ画像
柴田克美(本名)
 静岡県生まれ。詳細はこちらをご覧ください。
 プロフィールはこちら
http://pinokio0723.wixsite.com/mysite/about

ビジネスをつづけるために

再度いう。働き方改革は自分でやるもの。1 私は研修主任の時も学年主任の時も、20年間やりましたが  ほぼ17時半には(定時退庁17時)学校を出ていました。  量でなく、時間で動いていたからです。  朝は30分早くきていましたから7:45には学校にいました。  

なんで帰らないの?1 あなたの帰宅を邪魔しているものは何?  ・テストの丸つけ   ・日記の言葉書き  ・本読みカードの一言  ・明日の授業の準備  ・授業案書き  ・アンケートの提出  ・日報 週案簿  ・分掌の書類作り   etc・・・・・・・・2 やめ

運動会は何のためにやるかなあ〜〜んて・・・1 困った親が増えたものである。  運動会にはそれぞれ「目的」があります。  体育主任が職員会議で提案する文章の最初に大抵、書いてあります。  しかし、建前のそんなことはど〜〜〜でもいいのです。  運動会は「楽し

痛ましい川崎市の事件が起こりました。藤田考典という甘い考えの人も物議となっています。(アホです)「「死にたいなら一人で死ぬべき」という非難は控えてほしい」→ http://viralhighway.com/archives/20025どの意見も「解決策」がないのです。ここでほしいのは「解決策
『川崎市凶悪犯罪に思う解決法は「金」である』の画像

「不登校」が許されるのは特別な事情がある子です。誤解している人が多いです。保護者は学校に行かせるよう努力しなければいけません。日本国憲法第26条すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。2すべて国民は、法律
『不登校は許されません  10歳の“不登校YouTuber”『少年革命家ゆたぼん』』の画像

何をやらないかを決める 完璧主義の撤廃1 教師は真面目である。  だから「完璧主義」の人が多い。  全てやらないと気が済まない。  テストが30枚あったらそれを全てやらないと気が済まない。  だから、自分で自分の首を絞めている。  完璧主義を捨てよう。 

「絶対的なもの」というのはこの世に存在しません。「絶対評価」という概念はあっても実際には「相対評価」なのです。 常に「他と比べて」。 人間がランキングが好きなのも、社会生活を営んでいるからです。「正しい、間違っている」という判断も時として相対的です。 日

掃除の時間に来年度の準備をしましょう1 この時期の掃除の時間には一年の「大掃除」をしますね。  僕はこの「大掃除」という概念が嫌いで  「毎日が大掃除」だと思っていました。  つまり「毎日、大掃除のように手の届かないところまでやる」と  いうことです。 

天災を人災にされたら何もできない1 栃木県那須の高校教諭三人が雪崩事故の責任を  業務上過失致死の疑いで書類送検されました。  確かに「判断ミス」はあったのかもしれません。  しかし雪崩は天災です。  起こらないと判断しなければ行かなかったはずです。  

書いていることは本音ですし本当のことです1 「過労死は自己責任」とか「成績の用例集は買うな」とか  「卒業式の言葉の練習は3回で良い」とか・・・おそらく   衝撃的な(あるいは「反感を買う」ような)書き方をあえて   しています。   しかし、そのどれも

過労死は自己責任!!!1 府立高の現役教師が時間外労働で提訴しました。  「働き方改革」を促すためにはとてもいいことだと思います。  なぜかって「過労死するくらい忙しい」からです。  その時間外労働は最大で月155時間だそうです。  これって「普通」ですよね

反発を食らうことを承知で ブラック職場にしているのは・・・1 「やることが多すぎるんです」  「家庭のことも学校に持ち込まれて」  「昔とは子供の質が違うんです」  「雑務が多くて本来の授業にまで手が回りません」  「障害児や特別支援を要する子供が多くな

筆記具の秀逸なものを使うことは効率化の基本1 筆記具といえば今では「ボールペン」が主流です。  成績や、指導要録はパソコン入力となりましたが、  やはりボールペンの登場場面は多いです。  あなたは筆記具にこだわる方ですか。  書こうとしてインクが薄かった
『筆記具の秀逸なものを使うことは効率化の基本』の画像

成績処理を家でやるならストレージサービスを利用1 成績処理は職員室内でやるのが原則です。  なぜなら「個人情報漏洩」に配慮してです。  しかし、どうしても学校ではやりきれない場合、紙媒体なら  「個人情報持ち出し簿」に書いて、教頭にハンコをもらって・・・

来年度の学年希望の書き方1 そろそろ「来年度」の構想を練る時期になりました。  来年度の学年希望のアンケートもあります。  1年生は大変だし、6年生も卒業生を送り出す喜びは  あるけれど、私学受験とか、行事のリーダーにならなくては  ならないし、大変だな

異動希望を叶えるために校長に進言する十の言葉1 異動の時期。  校長面接があります。  組合が動く時代はもう、とっくの昔に終わっています。  つまり「具申」を聞く窓口は「校長」しかない。  異動が希望通りいかないのは「校長の責任」です。  「校長が教育委

教員になりたいとは思わない 新潟県 1.2倍これは競争倍率の話。色々な方がこの「危機的状況」を憂れています。しかしながら、これが現実。https://newspicks.com/news/3450875/あの「教育先進県」である新潟ですよ。文科省や教育審議会のお偉方はこの状況をどう思うのだ

働き方改革でできるもの 内容編 51 タイムレコーダーに変わる企業導入実績ナンバー1  もう、こういう時代なのです。  文科省さん!https://www.kintaisystem.com/?gclid=EAIaIQobChMIzfuf76a43wIVGJuWCh2CdQoKEAEYASAAEgKXdPD_BwE 

働き方改革で出来るもの 時間編3久しぶりに教育サークルにでました。相変わらず、学校現場は多忙です。「働き方改革は学校現場に馴染まない」というとんでもない校長までいるとのこと、学校のトップがその程度の意識では多忙が解消されるわけがないです。「校長会」で徹底

働き方改革でできるもの 時間編 11 「働き改革」は人に言われてするものでなく「自己改革」   8時に来て5時に帰る・・・・僕はこのことをずっと言い続けています。  それは僕が34年間を通して「できてきた」ことだからです。  5時以降に残るのは「自分の意

いじめは増えていない 統計の嘘マスゴミによれば(誤字ではありません。笑)「いじめが増加傾向という調査結果」が新聞に載りました。しかしながらそれは「嘘」です。いじめは何ら昔と変わっていません。ただ、報告されなかっただけ、です。昔からいじめはあり、もっと悲惨
『いじめは増えていない 統計の嘘』の画像

教員を退職する人へ 退職金の計算1 60歳定年が75歳定年へ延長されようとしています。  60歳から「再雇用」でいまも働いている人はたくさんいます。  しかし、残念ながらその待遇は「いい」とは言えません。  「働き方改革」というのは綺麗事の言葉です。  「死ぬ

教師のブラック労働の解消はまず「タイムカード」1 ほとんどの学校では「タイムカード」が導入されていません。  「自己申告」のところが大半ではないでしょうか。  これは「統計」になりません。  これを「統計」として発表されてはたまったものではありません。 

「総合的な学習の時間を長期休暇中に行って良い」ふざけるな!総合的な学習の時間が、夏休みなどの長期休暇に行なってよい、それは授業時間に含まれるとの方針を文科省が打ち出しました。 自分で首を絞めておいて、さらに教師の首を絞める気です。たまったものではありませ

日本の国の未来のために今やるべきこと1 日本の文科省は「目先」のことだけを考えて、学者が  「学習指導要領」を作ってきました。  「有識者」が実は「無能」だったと言っても過言ではありません。  やはり「現場の意見」がないので、「机上の空論」を何年も、何年

↑このページのトップヘ